【東京ヴェルディ】2019シーズンフォーメーション(昇格選手優先)

昨シーズンはJ1昇格プレーオフであと1勝のところまで来た東京ヴェルディ。

2年間率いたロティーナはセレッソ大阪に巣立っていってしまった。ロティーナに代わり今期のヴェルディを率いるのはギャリー ジョン ホワイト。

ホワイトはイングランド出身の44歳で、これまでにグアム代表やチャイニーズタイペイ代表を指揮。昨年12月までは香港代表監督を務めていた。

ロティーナ体制では4-3-3の布陣で臨んでいた。中盤の3枚はアンカーとインサイドハーフで構成されていたが、ホワイト体制では4-2-3-1となる模様。

となると、中盤は5枚配置することになるので、期待値を込めて以下のフォーメーションを予想してみる。


渡辺 森田 藤本

井上 山本

永田 平 近藤 奈良輪

上福元


中盤ダブルボランチには、技巧派の井上潮音、天才レフティ山本理仁を配置して、ディフェンスライン前での起点を作る。

トップ下には、半端ないキープ力と決定的ラストパスを出せる森田晃樹、両インサイドハーフにはハードワークできる渡辺皓太とドリブルもパスもシュートもできる万能型の藤本寛也。

中盤5人はユース時代にポゼッションサッカーの中核を担ってきた選手である。

当然プロの世界は違う。インテンシティやスピード、ポジション取りはユース年代とは異なるであろう。でもジュニアからユースまでの間で染み込んだアカデミーのスタイル・技術は必ずと5人の中で共通のものが流れているはずである。

2019シーズンはこの5人に注目して欲しい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


サッカーランキング

コメント