【東京国際ユースU14】FC東京 vs ニューサウスウェールズ

スポンサーリンク

2018.05.02
東京国際ユースU14サッカー大会 1次ラウンド GROUP D
FC東京U14 vs ニューサウスウェールズ
@味の素スタジアム西競技場

応援チーム→FC東京U14

東京国際ユースU14サッカー大会
今年は10周年の記念大会
世界各都市・クラブから選抜チームが集まり、
ハイレベルな環境で競い合う。
育成年代には世界を味わえるいい機会。

参加チーム
三高FC(北京)、ベルリン選抜、カイロ選抜、ジャカルタ選抜、
チェルタノヴォ(モスクワ)、ニューサウスウェールズ選抜、
パルメイラス(サンパウロ)、ソウル選抜、ボカジュニアーズ(ブエノスアイレス)、
アンデルレヒト(ブリュッセル)、岩手県トレセン選抜、宮城県トレセン選抜、
福島県トレセン選抜、茨城県トレセン選抜。
そして東京からは、東京都トレセン選抜、東京都中体連選抜、
FC東京、ヴェルディ、ゼルビアが参戦。

12:20キックオフ(20分ハーフ)
序盤からFC東京ペース、足元のテクニック、ボールへの寄せなど
すべてにおいて東京が上回るので、ほぼハーフコートでのゲーム展開。

11分、#28のドリブルからのこぼれ球を#33がシュート。
FC東京が手堅く1点目を先取。

#36がボランチの位置からゲームを作る。
バランスを取りながら長短のパスを繰り出していく。
が、追加点取れずに前半終了。20分ハーフ超早い。

後半開始
後半も同様の展開。東京が圧倒するが、点が取れない状態。
ニューサウスは両ウイングがスピードを持った選手。
何度か東京DFを出し抜く場面も見られた。

■FC東京U14 1-0 ニューサウスウェールズ

正直レベルの差があり過ぎた。
5点くらい入ってもおかしくない展開だが、東京のフィニッシュ精度が悪い。
ラストプレーで#32がドリブル突破からGKと1対1になるも、
ファインセーブによってゴールを阻まれる。
これが今日の象徴のようなプレー。
もう少し決めるところを決めないと、上には上がれない。

コメント