【J1-2019】FC東京 vs コンサドーレ札幌/久保君の神髄。

スポンサーリンク

J1 第12節
FC東京 vs コンサドーレ札幌
@味の素スタジアム

今年のFC東京は強いですね。3年目の長谷川健太監督にとって、結果をしっかり出さなくてはならない今年。そのラストピースに久保君がぴったしはまりまりました。ずっとジョーカー的役割と言われ続けていた久保君ですが、完全に今はFC東京の主力。違いを作り出せる選手に成長してくれました。

2017年4月といえば、まだ2年前。
久保君はFC東京U18として高円宮杯プリンスリーグ開幕を戦っていました。場所は味の素スタジアムの隣、AGFフィールド(当時:味の素スタジアム西競技場)で、市立船橋戦で左サイドから豪快なシュートを決めたのを鮮明に覚えてきます。あの時弱冠15歳。当時からずば抜けた感がある選手でしたが、横浜マリノスへのレンタルを経て、精神的にも肉体的にも数段成長している姿は、まさに頼もしいの一言。

FC東京の戦術は縦への早い展開、ショートカウンター。
ツートップの永井、ディエゴオリヴェイラはスピードありますが、足元のテクニックにかけるので、裏へのスルーが効果的。

この点、久保君は一瞬の判断で正確なスルーが出せるので、本当にチームにフィット。その上で、自らの仕掛けもできるとなると、もはや手の付けどころがないですね。

2戦連続の得点を決めてくれたところは脱帽ですが、前半22分、永井がGKと一対一で外したシーン。この2つ前のプレーが久保君でした。ドリブルであがるとほんの少しだけ左足で右サイドへ展開するモーションをしています。これで左サイドが空いて、そこから永井へのスルーにつながるこのモーションこそが、久保君の神髄かと。

そろそろ日本A代表に選出にも期待される逸材ですが、まずは来年の東京オリンピックで日本を大いに盛り上げてくれることを期待したいと思います。

ところでオリンピックチケット。5月末までの抽選申し込みが必要ですが、まだ組み合わせも決まっていない中でどうやって申し込むのが良いか思案中。

◼️FC東京 2-0 コンサドーレ札幌

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


サッカーランキング

コメント