【J2-2019】ヴェルディ vs 徳島ヴォルティス/終了間際に奇跡の背中ゴール。

J2 第5節
ヴェルディ vs 徳島ヴォルティス
@ポカリスエットスタジアム

ここまで4試合で1勝3敗で、プレーオフ進出どころではないヴェルディ。そろそろ浮上のきっかけをつかみたいところですが・・・・。

今日は井上潮音が今季初スタメン。ディフェンスラインのスタメンは概ね固定されてきましたが、中盤は毎試合スタメンが変わる今季。ホワイト監督も試行錯誤を重ねている様子が伺えますが、ここらへんは開幕前にきちんと整理しておいてくれないと困るんですけどね。

徳島に先制されてスイッチが入ったヴェルディ。

フォーメーションを3-5-2に変更。李をアンカーにして、両サイドを広くワイドに張る。井上潮音に代わって入ったヴェルディユース出身の渡辺浩太と佐藤優平がセントラルハーフとしてゲームを支配する構図。

これは結構機能したんじゃないですかね。グランドを広く使う分、スペースが生まれたことでボールをうまく回し、機を見て林、端戸にボールを入れていくパターンが幾度とみられました。

後半38分には、今季トップチーム昇格の森田晃樹が再び登場。李が前線に上がり、森田晃樹が得意のアンカーポジションに入る。

そして後半45分。コーナーキックでクリアがゴール前に高く上がり、落ちてきたところを李の背中にうまく当たって、ゴーーール!と叫びたいところですが、何とも言えない同点ゴールなので控え気味に喜ぶ。

「背中ですが何か?」

3-5-2に一定のリズムが見えたことはこの成果かと思いますが、今節もサポーターは消化不良の試合かと。

そろそろホワイト体制の是非を問う声が上がってきてもおかしくありません、、、

ヴェルディユースから昇格組の動向)
井上潮音 : スタメン・・・後半33分交代
渡辺浩太 : 後半33分途中出場
藤本寛也 : U20日本代表招集中
森田晃樹 : 後半38分途中出場
山本理仁 : ベンチ

■東京ヴェルディ 1-1 徳島ヴォルティス

 

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


サッカーランキング

コメント