【J2-2019】東京ヴェルディ vs 山形 | 佐藤優平のアンカー

J2 第28節
東京ヴェルディ vs モンテディオ山形
@味の素スタジアム
0-0 スコアレスドロー

いや、味スタめっちゃ暑かったです。
途中雨が降ったものの気温は30度近くのままで、湿気がとにかく半端なし。
この暑さので選手は相当体力奪われたと思います。
飲水タイムって改めて重要ですね。

さて、ヴェルディ。
前節終盤同様の佐藤優平をアンカーとして起用。
井上潮音より機能していたかと思います。

潮音はバランサータイプなので、攻撃時にもどかしいパスを繰り返すことがありますが、
優平は攻撃の意識が強いので、頻繁にくさびやウイングバックへのパス供給が出来ていたかと。
永井監督もその起用の意図を語っていました。

「360度の視野を確保できるところがいいし、ボールがきちんと止まる」

By 永井監督

そして、森田晃樹のインサイドハーフ。
きわどい球際でのボールを収める能力、キープ力は相当効いていたと思いますね。
セカンドボールをきっちり回収できるとチームは本当に楽になるので、
森田の株はますます上昇中。

去年はアンカーを務めていた内田、左SBの山本理仁を絡めて、ポゼッション自体は圧倒していましたが、フィニッシュまでが遠い。
山形が極端に下がってブロックを作っていたので、中々入り込めず。

セカンドボール奪取、プレス奪取によるポジティブトランジション時にもっと素早く縦に供給する動きが欲しいところです。

小池や河野のワイドトップ、森田、梶川が下がってきてポジションチェンジした際の奈良輪、理仁をもっと走らせる速さが必要じゃないでしょうか。
ポゼッションはヴェルディらしいですが、複合的な戦術的オプションを期待したいし、永井監督ならやってくれそうな期待感も。

ところでやっぱり50周年の黒ユニは格好いい!

そしてゴール裏。
緑のセロハンテープを配ってくれるとかホントにチームへの愛情を感じます。
このアットホーム感もヴェルディのいいところ。
あとスタンド周りの電光掲示板にチャントの歌詞が出るのはすごくいいと思いました。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


サッカーランキング

コメント