Next Generation Match 2019/レビュー

Next generation match 2019

「サッカーエリートで上手さとクレバーさのJユース選抜」と「雑草魂と強さを持つ高校サッカー選抜」という構図で、お互いの意地がぶつかり合う。

観戦しよう思いつつも迷っていたら、あっと言う間にチケットは完売。というのもこの試合、フロンターレ川崎と浦和レッズが戦う富士ゼロックススーパーカップの前座試合で、人気銘柄だけに迷っている場合ではなかった。。

ということでテレビ観戦でしたが、十分楽しめました。

スコアは1-1のドローでしたが、高校サッカー選抜のFW陣が圧巻のポテンシャルを披露。

山梨学院高校3年でヴァンフォーレ甲府内定の#9宮崎純真、桐光学園2年でU18日本代表の#10西川潤、そして青森山田高校3年の#11バスケスバイロンだ。

そして後半途中から尚志高校2年の染野唯月が出てきたが、その期待感も半端なかった。

最も躍動したのはやはりバスケスバイロンと言っていいでしょう。

4-3-3の左ウイングだが、頻繁にポジションチェンジしながら、ボールに絡んでいく。一旦足元に入れば、得意のドリブルで必ず仕掛けていくのでJユースの守備陣は最も警戒していたと思います。

でも、こんなにハイレベルな選手が集まる中でも、高校卒業と同時にプロに行けるのは宮崎純真のみだ。バスケスバイロンは福島社会人リーグのいわきFCに加入する。

普段何気なく見るJリーグも、こんな狭き門を潜り抜けてきた選手達ばかりだと思うとまた見方が違ってきますね。

■Jユース選抜 1-1 高校サッカー選抜(得点)

11分 櫻川ソロモン(ジェフ千葉U18)

80分 バスケスバイロン(青森山田)

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


サッカーランキング


コメント