【ヴェルディユース】山本理仁トップチーム昇格!

東京ヴェルディユースの山本理仁が2019シーズンよりトップ昇格することになった。

ヴェルディユース背番号の系譜にて言及したが、

山本理仁は2018シーズンでは2年生ながらボランチとして、ポゼッションサッカーの中核を担っていた。背番号は14。

トップ昇格を果たした森田輝樹の後継者として、2019シーズンは背番号10を背負うものと思っていたが、高校卒業を待たずしてトップ昇格!

森田もものすごい逸材であるが、山本理仁は更に上回るかもしれない。

フィジカルも充分で視野も広く、左足から繰り出されるサイドチェンジは一級品である。

また当然の如く各世代の日本代表にも選出されている。

【プロフィール】

山本 理仁[ヤマモト リヒト] 選手 MF

【生年月日】 2001年12月12日生まれ

【出身地】神奈川県出身

【身長/体重】177cm/65kg

【経歴】つくい中央FC → 東京ヴェルディジュニア → 東京ヴェルディジュニアユース → 東京ヴェルディユース

【代表・選抜歴】

2015年 U-15日本代表

2016年 U-15日本代表

2017年 U-16日本代表

2018年 U-19日本代表/U-18日本代表/U-17日本代表

これでトップには、ヴェルディユース出身が5人。

井上潮音、渡辺皓太、藤本寛也、森田晃樹、山本理仁。いずれも10番を背負うべき逸材だ。

2019シーズンも本当に楽しみである。

昨年プレーオフの雪辱を果たし、 J1昇格を目指す!

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


サッカーランキング

コメント