東京ジュニアユースサッカー/Tリーグ概要・解説/2019年

スポンサーリンク

東京都ジュニアユースサッカーのリーグ戦は「高円宮杯U15サッカーリーグ」(通称:Tリーグ)である。


カテゴリは3つに分かれており、2017年度まではトップリーグ(1部相当)、全都リーグ(2部相当)、地域リーグ(3部相当)と呼ばれていたが、2018年度よりT1、T2、T3と改められた。


2018年度はちょうど120チームが参加した。T1:12チームT2:32チーム(8チーム×4ブロック)T3:76チーム(上位リーグ8チーム×4ブロック、下位リーグ7-8チーム×6ブロック)


T1王者はその上に続く関東リーグ2部への参入権を獲得し、関東各県代表に競り勝つと関東リーグ昇格となる。T1の降格は下位4チーム。2018年度の王者はFC多摩。圧倒的なフィジカルとスピードを求めるチームである。FC多摩は参入戦を見事制して関東リーグへチケットを手に入れた。


T2は各ブロック勝者が来期T1昇格となる。下位2チームがT3へ降格の他、各ブロック6位同士がプレーオフとなり、うち2チームが降格となる(このレギュレーションはおそらく2018年度のみ)。


T3は前期成績により、後期で上位リーグ(8チーム×4ブロック)と下位リーグ(残りのチーム)に分かれる。後期上位リーグ各ブロック勝者が来期T2昇格となる。


では2019年の構成を見てみる。
▪️T1リーグ(12チーム)

東京ヴェルディ(関東リーグから降格)

tfa

町田ゼルビア

ジェファ

AZ86東京青梅

三菱養和調布(昨年関東から降格して今期も戻れず)

FC杉野

STFC

FC渋谷(T2より昇格)

トッカーノ(T2より昇格)

Consorte(T2より昇格)

Forza02セカンド(T2より昇格、トップチームは関東2部)
名門ヴェルディが関東リーグから東京都リーグに落ちて来たことが衝撃。街クラブの雄、三菱養和調布もいい成績を残せず2019年もTリーグが主戦場となった。


▪️T2リーグ(おそらく10チーム×3チームの30チーム)

クリアージュ (T1より降格)

FC府中(T1より降格)

FRIENDLY(T1より降格)

インテリオール(T1より降格)

東京ベイ(T2.2位)

三鷹FA(T2.2位)
調布FC(T2.2位)
Branco八王子(T2.2位)
暁星中

JACPA BOBBIT

東海大菅生中

コンフィアール

町田

東京久留米FC

すみだSC

駒沢FC

トレーロス

府ロク

トリプレッタ(プレーオフ勝者)

プラウド

バリオーレ日の出

多摩大目黒中

POMBA立川(プレーオフ勝者)

ARTE八王子(T3より昇格)GLORIA(T3より昇格)

アローレはちきた(T3より昇格)

エスフォルソ(T3より昇格)

レットスター(T3より昇格)

GABE(T3より昇格)

バディ(T3より昇格)

町田JFC(T3より昇格)


▪️T3リーグ

ヴェルディSS AJUNT(プレーオフ敗者)

杉並アヤックス(プレーオフ敗者)

VIDA(T2より降格)

両国(T2より降格)

世田谷(T2より降格)

かえつ有明中(T2より降格)

東京杉並ソシオ(T2より降格)

プログレッソ稲城(T2より降格)GONA(T2より降格)

駿台学園中(T2より降格)

その他チーム省略
2019年度のTリーグは4月から始まる。ジュニアユース年代の選手も注目して観ていると、高校ユース年代の試合もまた面白い。

コメント