【2021年加入版】東京ヴェルディユース/歴代トップ昇格選手・加入選手一覧

東京ヴェルディ、、、と言えば、名門中の名門ですね。

キングカズ、ラモス、北澤らを輩出し、初代Jリーグ王者に輝くなど黄金期がありました。

現在はJ2が主戦場となっていますが、日本代表を始め、J1クラブ、はたまたヨーロッパクラブで活躍する選手の中で、実は東京ヴェルディユースの出身者が多いという事実は否めません。

多くの活躍している選手を輩出しているから、東京ヴェルディユース、東京ヴェルディジュニアユース、東京ヴェルディジュニアといったヴェルディの育成部門が改めて注目を集めています。

そこでこのページでは、東京ヴェルディユースからトップ昇格・加入した歴代の選手を一覧にまとめてみました(2004年以降)!

ヴェルディユース | 歴代トップ昇格選手一覧

年度選手名ポジション飛び級昇格
2021佐古 真礼DF
橋本 陸斗MF中3で飛び級
2020石浦 大雅MF
松橋 優安MF
馬場 晴也DF
藤田譲瑠チマMF
阿野 真拓MF高1で飛び級
2019森田 晃樹MF
山本 理仁MF高2で飛び級
2018藤本 寛也MF
2017渡辺 皓太MF
2016林 昇吾DF
井上 潮音MF
郡 大夢FW
2015中野 雅臣MF
三竿 健斗MF
2014澤井 直人MF
安西 幸輝DF
菅嶋 弘希MF
畠中 槙之輔DF
2013楠美 圭史MF
安在 和樹DF
ポープウィリアムGK
吉野 恭平DF
前田 直樹MF
高木 大輔FW
2012南 秀仁MF
舘野 俊祐DF
杉本 竜士MF
田中 貴大DF
中島 翔哉MF
2011キローラン木鈴DF
キローラン菜入GK
小林 祐希MF
高野 光司DF
2010高木 俊幸FW
高木 善朗MF
2009富所 悠MF
和田 拓也SB
高橋 祥平CB
2008河野 広貴MF
2007エルサムニー・オサマFW
2006三原 直樹DF
喜山 康平MF
弦巻 健人MF
2005昇格者なし
2004小野 雄平MF
森本 貴幸FW中3で飛び級

2021年トップ昇格選手レビュー

2021年にトップ昇格となるのは「佐古真礼(さこまあや)」選手です。
身長190cmの大型センターバックで、世代別日本代表も飛び級でU19代表に選ばれています。

よみうりランドでのユースの試合で、ボールを跳ね返す能力の高さをまざまざと見せつけられました。ヘディングが兎に角強い。
ひとつ上の「馬場晴也」選手よりセンターバックとしての能力は高いと思います。

そしてもう一人。

中学三年生(ジュニアユース)ながら、トップ昇格を果たしたのが「橋本陸斗(はしもとりくと)」選手です。

中三でのトップデビューと言えば、2004年に衝撃的なデビューを果たした「森本貴幸」選手がいますが、森本と同い年での昇格に期待の大きさを感じます。

ジュニアユースながら、高校年代の高円宮杯プリンスリーグ関東の試合に出場していましたが、もはや高校年代の枠を超えたとの判断でしょう。

フィジカルも強く、テクニックを持ち合わせたレフティーです。

2020年トップ昇格選手レビュー

2020年のトップ昇格選手は5名となりました。

  • 石浦 大雅
  • 松橋 優安
  • 馬場 晴也
  • 藤田譲瑠チマ
  • 阿野 真拓

石浦大雅選手は、一学年先輩でトップ昇格を果たしている森田晃樹選手にそっくりのプレースタイルを持つ選手です。

松橋優安選手は、一見線が細いようにも思えますが、フィニッシュが非常に上手いタイプ。

馬場晴也選手は、頼りがいあるDF。はじき返す力が半端ないうえ、ヴェルディらしい後方からのビルドアップにも優れています。

藤田譲瑠チマ選手は、ボランチ、アンカータイプ。中盤の底でボール捌きの起点になる選手。

阿野拓真選手は、高校一年生の時点でトップ昇格内定となった逸材。身長は低いですが、テクニックやゲームを読む力に優れている選手。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

サッカーランキング

コメント