東京都ジュニアユースリーグ(TリーグU15)/T1残留率/2020年度update版

東京都ジュニアユースサッカーリーグ(Tリーグ)概要

東京都ジュニアユースサッカーリーグ(TリーグU15)は3カテゴリ構成になっており、2019年度は122チームが参加しました

  • T1 : 12チーム
  • T2 : 30チーム(10チーム×3ブロック)
  • T3 : 80チーム(上位リーグ8チーム×4ブロック、下位リーグ8チーム×6ブロック

122チームが参戦する中で、トップリーグに該当するT1リーグに所属できるのはわずかに12チーム。東京都ジュニアユースの中でも超強豪のみが参戦できるリーグとなります。

T1リーグは毎年その成績によって昇格・降格がレギュレーションで決められており、下位の一定チームがT2リーグと入れ替わります。

従って、毎年3年生が卒業して新たなチームでリーグ戦を戦うことを考えると、T1リーグに残留し続けるいうこと自体、非常に難しいものと言えます。

このページでは、2015年度から2020年度の昇降格チーム、及び昇格したチームの残留率を調べて記載しています

2015年→2016年 昇格チーム

  • tfa
  • トッカーノ
  • FC杉野
  • FCトレーロス

2016年→2017年 降格チーム

  • tfa
  • FRIENDLY
  • トレーロス

2017年 残留チーム(残留率)

  • トッカーノ
  • FC杉野

2016年に昇格したチームの残留率 : 50%

2016年→2017年 昇格チーム

  • STFC
  • VIDA
  • Branco八王子
  • Consorte
  • クリアージュ
  • プラウド

2017年→2018年 降格チーム

  • VIDA
  • トッカーノ
  • Consorte
  • Branco八王子
  • プラウド

2018年 残留チーム(残留率)

  • STFC
  • クリアージュ

2017年に昇格したチームの残留率 : 40%

2017年→2018年 昇格チーム

  • tfa
  • FC府中
  • FRIENDLY
  • インテリオール

2018年→2019年 降格チーム

  • クリアージュ
  • FC府中
  • FRIENDLY
  • インテリオール

2019年 残留チーム(残留率)

  • tfa

2018年に昇格したチームの残留率 : 25%

2018年→2019年 昇格チーム

  • FC渋谷
  • トッカーノ
  • Consorte

2019年→2020年 降格チーム

  • Consorte
  • AZ’86東京青梅
  • FC渋谷

2020年 残留チーム(残留率)

  • トッカーノ

2019年に昇格したチームの残留率 : 33%

まとめ

昇格したチームの残留率は25%~50%でした。
昇格しても半数以上のチームがその年に降格してしまう厳しいリーグであることがこの調査結果からも分かりますね。
T1リーグに昇格するのも至難の技ですが、残留するのも簡単なことではありません。ジュニアユースチームは毎年選手が入れ替わります。当然強いチームにはセレクションで優秀な選手が集まりますが、きちんと育成が出来るチームでないと常にT1リーグで戦い続けることはできません。ジュニアユースチームは何より育成力が重要です。

関連記事はこちら

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


サッカーランキング

コメント

  1. […] Tリーグ残留率でも記載しましが、T1ヘ昇格したチームが、翌年すぐ降格してしまうという傾向があります。今回T2リーグのチーム数を32チームから30チームに減らしたのは、T2からT1への昇格を3チーム、T1からT2への降格を3チームとし、T1へあがったチームが残留しやすいような構成する意図があるのではないかと思います。 […]

  2. […] T1リーグの見所として、まずは関東リーグから降格してしまった東京ヴェルディジュニアユースですね。数年前は関東リーグでも優勝する位強かったですが、年々下がってきて、、、ヴェルディがJ下部の意地として、名門の名にかけてきっちり優勝を狙えるのか注目です。三菱養和調布も昨年関東から降格してしまい、今年もT1が主戦場。Forza’02もすごいですね。Bチームでありながら、昨年T2を制して今年からT1昇格。ゴリゴリのサッカーでどこまで伸ばしてくるか、こちらも注目していきましょう。その他の昇格組であるFC渋谷、トッカーノ、Consorteはまずは残留を目指すことが目標でしょうね。T1リーグ残留率で見ると昇格年度の残留は本当に厳しい。町田ゼルビアはかなり頑張りそうだと予想します。J下部として年々力を付けてきており、今年は優勝に絡んで来そうな予感です。 […]

  3. […] T1リーグの見所として、まずは関東リーグから降格してしまった東京ヴェルディジュニアユースですね。数年前は関東リーグでも優勝する位強かったですが、年々下がってきて、、、ヴェルディがJ下部の意地として、名門の名にかけてきっちり優勝を狙えるのか注目です。三菱養和調布も昨年関東から降格してしまい、今年もT1が主戦場。Forza’02もすごいですね。Bチームでありながら、昨年T2を制して今年からT1昇格。ゴリゴリのサッカーでどこまで伸ばしてくるか、こちらも注目していきましょう。その他の昇格組であるFC渋谷、トッカーノ、Consorteはまずは残留を目指すことが目標でしょうね。T1リーグ残留率で見ると昇格年度の残留は本当に厳しい。町田ゼルビアはかなり頑張りそうだと予想します。J下部として年々力を付けてきており、今年は優勝に絡んで来そうな予感です。 […]

  4. […] Tリーグ残留率でも記載しましが、T1ヘ昇格したチームが、翌年すぐ降格してしまうという傾向があります。今回T2リーグのチーム数を32チームから30チームに減らしたのは、T2からT1への昇格を3チーム、T1からT2への降格を3チームとし、T1へあがったチームが残留しやすいような構成にする意図があるのではないかと思います。 […]

  5. […] […]