【J2-2019】鹿児島 vs 東京ヴェルディ/山本理仁が初スタメン

J2 第17節
鹿児島ユナイテッドFC vs 東京ヴェルディ
@白波スタジアム

前節、京都に1-4で大敗してしまったヴェルディ。しかもJ2から唯一A代表に招集されていた渡辺浩太も負傷してしまうという事態も生じ、チームの士気低下が気になるところですが、さて今節。

結果、、、あえなく撃沈です。
■鹿児島 3-1 東京ヴェルディ

フォーメーションは4-1-4-1。井上潮音が定位置のアンカーとなり、キーとなるインサイドハーフは梶川と山本理仁。

チームとして、前半が良くなかったですね。開始早々から押し込まれ、DF陣の足が止まってしまっていました。鹿児島の2重3重の攻撃についていけず、前半で3失点、これですでに勝負あり。

山本理仁は初スタメン。ヴェルディユースの逸材はよくチームに馴染んでいたと思います。
後半に4-4-2に変更し、井上と山本がダブルボランチとなり、中盤を制するようになると、林、コイッチのツートップの厚みもあり、支配権はヴェルディが握れていたかと。

山本理仁はどちらかというと下がり気味のボランチの方が活きるタイプなので、井上潮音が若干前、山本が後ろのポジションをとり、そこから長短の縦パスを頻繁に入れていましたね。ユース時代の山本らしいプレイが随所に出ていました。

最後には季栄直もFWに送り込んで、4-3-3のパワープレーをとりましたが、これはこれでオプションとしてはありかと思いました。ただ残念なのは結果がでないところ、、、悔やまれる前半でした。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


サッカーランキング

コメント