【J2-2019】ヴェルディ vs 栃木SC/山本理仁は初ベンチ入り。

J2 第4節
東京ヴェルディ vs 栃木SC
@味の素スタジアム(home)

今期3敗目となってしまいました。昨シーズンは開幕から10試合まで無敗だったことを考えると、守備面に課題があると言わざるを得ませんね。

去年はロティーナ指揮官の下細かな約束毎があり、井林がディフェンスを統率して失点しないサッカーをしていましたが、監督交代によって自由度が増した分、不安定さが出てしまった格好でしょう。加えて井林の移籍も当然影響ある。

佐藤優平、林陵平が好調なので、得点を取れるチームになっているのは間違いない。

このまま守備を修正できないと、J1昇格どころか、プレーオフも見えてきません。チーム創立50周年の節目に結果を出すためにも踏ん張って欲しいところです。

なかなかツライ立場のホワイト監督ですが、若手を使おうとする姿勢はいいかなと思います。

今節、高校卒業を待たずしてトップ昇格を果たした山本理仁が初めてベンチ入りを果たしました。残念ながら出場機会は無かったものの、若手登用の意図は十分感じられました。

山本理仁はユース史上最高の逸材と言われている選手。ユース時代の試合ではボランチとして、別格のオーラを放っていたのが記憶に新しいところです。

ヴェルディユースから昇格組の動向)
井上潮音 : ベンチ外・・・
渡辺浩太 : 負傷中
藤本寛也 : 後半34分途中出場
森田晃樹 : ベンチ
山本理仁 : ベンチ

◼︎東京ヴェルディ 2-3 栃木SC

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


サッカーランキング

コメント