全国高校サッカー選手権 | 歴代優勝校 | 最多優勝校| 最多優勝校はあの2チーム!

高校サッカーシーンで最も人気のある大会が「全国高校サッカー選手権」であることに異論はないでしょう。
高校球児が甲子園を目指すのと同様に、高校の部活でサッカーをしている選手にとって一度はその舞台に立ちたい大会です。

このページでは、全国高校サッカー選手権における歴代優勝校・最多優勝校を掲載してあります!

歴代優勝校の情報を見る前に、全国高校サッカー選手権大会は、その前身大会からいくつかのフォーマット・システム変更が行われていますので、まずはそれを簡単に確認しておきましょう(下記)。

  • 「日本フットボール優勝大会」時代
    第1回(1917年)~第8回(1924年)/事実上は関西ローカル大会
  • 「全国中等学校蹴球選手権大会」時代
    第9回(1925年)~第26回(1947年)/事実上の全国大会へ
  • 「全国高等学校蹴球選手権大会」時代
    第27回(1948年)~第44回(1965年)/新制高校が発足し、同時に全国高等学校体育連盟(高体連)が創立
  • 「全国高校サッカー選手権」時代
    第45回(1966年)~現在まで/現状のフォーマット・システムへ

参照元:wikipedia

4回のフォーマット・システム変更があったんですね。
これを踏まえて、第1回から直前大会までの優勝校・準優勝校・ベスト4を見て行きましょう。

高校サッカー選手権 | 歴代優勝校・準優勝校・ベスト4

回次 年度 優勝校 準優勝校 ベスト4
98 2019 静岡学園【静岡】 青森山田【青森】 帝京長岡【新潟】
矢板中央【栃木】
97 2018 青森山田【青森】 流通経大柏【千葉】 尚志【福島】
瀬戸内【広島】
96 2017 前橋育英【群馬】 流通経大柏【千葉】 矢板中央【栃木】
上田西【長野】
95 2016 青森山田【青森】 前橋育英【群馬】 東海大仰星【大阪】
佐野日大【栃木】
94 2015 東福岡【福岡】 国学院久我山【東京】 星稜【石川】
青森山田【青森】
93 2014 星稜【石川】 前橋育英【群馬】 流通経大柏【千葉】
日大藤沢【神奈川】
92 2013 富山第一【富山】 星稜【石川】 四日市中央工【三重】
京都橘【京都】
91 2012 鵬翔【宮崎】 京都橘【京都】 星稜【石川】
桐光学園【神奈川】
90 2011 市立船橋【千葉】 四日市中央工【三重】 尚志【福島】
大分【大分】
89 2010 滝川二【兵庫】 久御山【京都】 立正大淞南【島根】
流通経大柏【千葉】
88 2009 山梨学院大付【山梨】 青森山田【青森】 矢板中央【栃木】
関大一【大阪】
87 2008 広島皆実【広島】 鹿児島城西【鹿児島】 前橋育英【群馬】
鹿島学園【茨城】
86 2007 流通経大柏【千葉】 藤枝東【静岡】 津工【三重】
高川学園【山口】
85 2006 盛岡商【岩手】 作陽【岡山】 八千代【千葉】
神村学園【鹿児島】
84 2005 野洲【滋賀】 鹿児島実業【鹿児島】 遠野【岩手】
多々良学園【山口】
83 2004 鹿児島実業【鹿児島】 市立船橋【千葉】 星稜【石川】
国見【長崎】
82 2003 国見【長崎】 筑陽学園【福岡】 鹿児島実業【鹿児島】
滝川二【兵庫】
81 2002 市立船橋【千葉】 国見【長崎】 桐蔭学園【神奈川】
滝川二【兵庫】
80 2001 国見【長崎】 岐阜工【岐阜】 前橋育英【群馬】
鹿児島実業【鹿児島】
79 2000 国見【長崎】 草津東【滋賀】 青森山田【青森】
富山一【富山】
78 1999 市立船橋【千葉】 鹿児島実業【鹿児島】 前橋育英【群馬】
富山一【富山】
77 1998 東福岡【福岡】 帝京【東京】 滝川二【兵庫】
前橋育英【群馬】
76 1997 東福岡【福岡】 帝京【東京】 丸岡【福井】
藤枝東【静岡】
75 1996 市立船橋【千葉】 桐光学園【神奈川】 徳島商【徳島】
静岡学園【静岡】
74 1995 静岡学園【静岡】   東福岡【福岡】
鹿児島実業【鹿児島】 初芝橋本【和歌山】
73 1994 市立船橋【千葉】 帝京【東京】 奈良育英【奈良】
守山北【滋賀】
72 1993 清水商【静岡】 国見【長崎】 鹿児島実業【鹿児島】
東福岡【福岡】
71 1992 国見【長崎】 山城【京都】 武南【埼玉】
習志野【千葉】
70 1991 四日市中央工【三重】   国見【長崎】
帝京【東京】 市立船橋【千葉】
69 1990 国見【長崎】 鹿児島実業【鹿児島】 東海大五【福岡】
武南【埼玉】
68 1989 南宇和【愛媛】 武南【埼玉】 前橋商【群馬】
国見【長崎】
67 1988 清水商【静岡】 市立船橋【千葉】 前橋商【群馬】
暁星【東京】
66 1987 国見【長崎】 東海大一【静岡】 四日市中央工【三重】
市立船橋【千葉】
65 1986 東海大一【静岡】 国見【長崎】 秋田商【秋田】
室蘭大谷【北海道】
64 1985 清水商【静岡】 四日市中央工【三重】 宇都宮学園【栃木】
秋田商【秋田】
63 1984 帝京【東京】   武南【埼玉】
島原商【長崎】 藤枝東【静岡】
62 1983 帝京【東京】 清水東【静岡】 韮崎【山梨】
四日市中央工【三重】
61 1982 清水東【静岡】 韮崎【山梨】 帝京【東京】
守山【滋賀】
60 1981 武南【埼玉】 韮崎【山梨】 古河一【茨城】
清水商【静岡】
59 1980 古河一【茨城】 清水東【静岡】 韮崎【山梨】
岡崎城西【愛知】
58 1979 帝京【東京】 韮崎【山梨】 水戸商【茨城】
愛知【愛知】
57 1978 古河一【茨城】 室蘭大谷【北海道】 八千代【千葉】
本郷【東京】
56 1977 帝京【東京】 四日市中央工【三重】 北陽【大阪】
浦和南【埼玉】
55 1976 浦和南【埼玉】 静岡学園【静岡】 帝京【東京】
八幡浜工【愛媛】
54 1975 浦和南【埼玉】 静岡工【静岡】 愛知【愛知】
広島県工【広島】
53 1974 帝京【東京】 清水東【静岡】 相模工大付【神奈川】
児玉【埼玉】
52 1973 北陽【大阪】 藤枝東【静岡】 相模工大付【神奈川】
四日市中央工【三重】
51 1972 浦和市立【埼玉】 藤枝東【静岡】 関西大倉【大阪】
帝京【東京】
50 1971 習志野【千葉】 壬生川工【愛媛】 帝京【東京】
清水商【静岡】
49 1970 藤枝東【静岡】 浜名【静岡】 浦和南【埼玉】
初芝【大阪】
48 1969 浦和南【埼玉】 初芝【大阪】 広島市商【広島】
韮崎【山梨】
47 1968 初芝【大阪】 山陽【広島】 広島県工【広島】
遠野【岩手】
46 1967 山陽【広島】   習志野【千葉】
洛北【京都】 韮崎【山梨】
45 1966 秋田商【秋田】   浦和市立【埼玉】
藤枝東【静岡】 神戸【兵庫】
44 1965 習志野【千葉】   京都商【京都】
明星【大阪】 新島学園【群馬】
43 1964 浦和市立【埼玉】 宇都宮学園【栃木】 仙台育英【宮城】
鎌倉学園【神奈川】
42 1963 藤枝東【静岡】 明星【大阪】 豊田西【愛知】
浦和市立【埼玉】
41 1962 藤枝東【静岡】 浦和市立【埼玉】 明星【大阪】
広大付【広島】
40 1961 修道【広島】 山城【京都】 宮城工【宮城】
関学【兵庫】
39 1960 浦和市立【埼玉】 遠野【岩手】 藤枝東【静岡】
秋田商【秋田】
38 1959 浦和市立【埼玉】 明星【大阪】 神戸【兵庫】
藤枝東【静岡】
37 1958 山城【京都】 広大付【広島】 教大付【東京】
明星【大阪】
36 1957 秋田商【秋田】 刈谷【愛知】 浦和西【埼玉】
明星【大阪】
35 1956 浦和西【埼玉】 日立一【茨城】 仙台育英【宮城】
藤枝東【静岡】
34 1955 浦和【埼玉】 秋田商【秋田】 韮崎【山梨】
宇都宮工【栃木】
33 1954 浦和【埼玉】 刈谷【愛知】 朝鮮人【東京】
熊本工【熊本】
32 1953 東千田【広島】   宇都宮工【栃木】
岸和田【大阪】 韮崎【山梨】
31 1952 修道【広島】 韮崎【山梨】 上野【三重】
刈谷【愛知】
30 1951 浦和【埼玉】 三国丘【大阪】 長田【兵庫】
真岡【栃木】
29 1950 宇都宮【栃木】 小田原【神奈川】 岸和田【大阪】
高知農【高知】
28 1949 池田【大阪】 宇都宮【栃木】 刈谷【愛知】
山口東【山口】
27 1948 鯉城【広島】 上野北【三重】 池田【大阪】
山田【福岡】
26 1947 広島高師付中【広島】 尼崎中【兵庫】 甲府中【山梨】
水戸工【茨城】
25 1946 神戸一中【兵庫】 神戸三中 堺中【大阪】
和歌山中【和歌山】
22 1940 普成中【朝鮮】 神戸三中【兵庫】 明星商【大阪】
滋賀師【滋賀】
21 1939 広島一中【広島】 聖峰中【京都】 札幌師【北海道】
湘南中【神奈川】
20 1938 神戸一中【兵庫】 滋賀師【滋賀】 崇仁商【朝鮮】
広島一中【広島】
19 1937 埼玉師【埼玉】 神戸一中【兵庫】 広島一中【広島】
明星商【大阪】
18 1936 広島一中【広島】 韮崎中【山梨】 海星中【長崎】
埼玉師【埼玉】
17 1935 神戸一中【兵庫】 天王寺師【大阪】 刈谷中【愛知】
富山師【富山】
16 1933 岐阜師【岐阜】 明星商【大阪】 御影師【兵庫】
京都師【京都】
15 1932 神戸一中【兵庫】 青山師【東京】 愛知一師【愛知】
京都師【京都】
14 1931 御影師【兵庫】 愛知一師【愛知】 京都師【京都】
広島一中【広島】
13 1930 御影師【兵庫】 広島一中【広島】 青山師【東京】
堺中【大阪】
12 1929 神戸一中【兵庫】 広島師【広島】 市岡中【大阪】
東京付中【東京】
11 1928 御影師【兵庫】 平壌高【朝鮮】 明星商【大阪】
青山師【東京】
10 1927 崇実【朝鮮】 広島一中【広島】 東京付中【東京】
都島工【大阪】
9 1925 御影師【兵庫】 広島一中【広島】 京都師【京都】
暁星中【東京】
8 1924 神戸一中【兵庫】 御影師【兵庫】 池田師【大阪】
京都師【京都】
7 1923 御影師【兵庫】 京都師【京都】 神戸一中【兵庫】
神戸商【兵庫】
6 1922 御影師【兵庫】 姫路師【兵庫】 桃山中【大阪】
神戸一中【兵庫】
5 1921 御影師【兵庫】 神戸一中【兵庫】 関学高【兵庫】
京都師【京都】
4 1920 御影師【兵庫】 姫路商【兵庫】 関学高【兵庫】
明星商【大阪】
3 1919 御影師【兵庫】 姫路師【兵庫】 関学高【兵庫】
神戸一中【兵庫】
2 1918 御影師【兵庫】 明星商【大阪】 姫路師【兵庫】
奈良師【奈良】
1 1917 御影師【兵庫】 明星商【大阪】 神戸一中【兵庫】
姫路師【兵庫】

高校サッカー選手権 | 最多優勝校

冒頭で確認したように、高校サッカー選手権はその時代時代を背景にフォーマット・システムが現状とは異なっていました。

それもあって、大会当初には師範学校や旧制中学校の名前が多くでてくるんですね。

当初は関西ローカル大会であったこと師範学校が旧制中学校と同じ大会で争ったため年齢のハンデを無視したものであったことから、戦後、新制高校制が採用された第27回大会(1948年度)以降の大会をベースとして最多優勝校を集計してみました

優勝回数 優勝校 2020年プリンス・プレミア
6 国見【長崎】 プリンス九州
帝京【東京】 プリンス関東
5 市立船橋【千葉】 プレミアEAST
4 浦和市立【埼玉】
藤枝東【静岡】 プリンス東海
3 浦和【埼玉】
浦和南【埼玉】
清水商【静岡】
東福岡【福岡】 プレミアWEST
2 古河一【茨城】
鹿児島実業【鹿児島】
修道【広島】
秋田商【秋田】
習志野【千葉】
青森山田【青森】 プレミアEAST
静岡学園【静岡】 プリンス東海
1 宇都宮【栃木】
浦和西【埼玉】
岸和田【大阪】
鯉城【広島】
広島皆実【広島】
山城【京都】
山陽【広島】
山梨学院大付【山梨】 プリンス関東
四日市中央工【三重】 プリンス東海
初芝【大阪】
星稜【石川】 プリンス北信越
清水東【静岡】
盛岡商【岩手】
前橋育英【群馬】 プリンス関東
滝川二【兵庫】
池田【大阪】
島原商【長崎】
東海大一【静岡】
東千田【広島】
南宇和【愛媛】
富山第一【富山】 プリンス北信越
武南【埼玉】
鵬翔【宮崎】
北陽【大阪】
明星【大阪】
野洲【滋賀】
洛北【京都】
流通経大柏【千葉】 プレミアEAST

全国高校サッカー選手権の最多優勝校は、6回の戴冠を得た「国見高校(長崎)」と「帝京高校」でした。

国見高校は80年代から2000年代初頭、帝京高校は70 年代から80年代にかけて高校サッカー界を牽引していた超名門高ですね。

その後には千葉県の「市立船橋高校」が5回の優勝を飾っています。

全部で44校が優勝していますが、今後を占う上で指標となるのが、部活(高体連)とJ下部や街クラブユースが同じフォーマットで戦う「プレミアリーグ」「プリンスリーグ」になります。

高校年代最強リーグである「プレミアリーグ」に所属している「青森山田高校」「市立船橋高校」「流通経済大柏高校」「東福岡高校」あたりが今後優勝回数を伸ばし来るのではないでしょうか?

コメント