高円宮杯TリーグU-18/T1リーグ参加高体連チームの下部組織

高校年代(ユース年代)のサッカーリーグはピラミッド型構造

高校年代(ユース年代)のサッカーリーグはピラミッド型の構造になっています。

頂点にあるリーグは「プレミアリーグ」で、EAST・WESTでそれぞれ10チームずつの計20チームが参戦します。
(2018年の東京チーム:プレミアEAST:FC東京U-18)

その下には各地域リーグとして「プリンスリーグ」があります。北海道・東北・関東・北信越・東海・関西・中国・四国・九州の地域で、
北海道は8チーム、他は各10チームが参戦となります。
(2018年の東京チーム:プリンス関東:三菱養和SCユース)

その下は都道府県リーグであり、東京で言えばTリーグとなります。
TリーグはT1~T4まであり、T1は10チームが参戦しています。

2018年度T1リーグ最終順位表

1位 帝京高校
2位 成立高等学校
3位 FC東京U-18(B)
4位 國學院久我山高等学校
5位 関東第一高等学校
6位 実践学園高等学校
7位 東京武蔵野シティFC U-18
8位 駒沢大学高等学校
9位 東久留米総合高等学校
10位 国士舘高等学校

優勝した帝京高校は上位リーグであるプリンスリーグ参入プレーオフを見事に勝ち抜いて、2019年はプリンス関東に参戦します。
一方で、10位の国士舘はT2リーグに降格となります。

T1リーグ参加高体連チームの下部組織

T1リーグの高体連の中で、成立と國學院久我山は「実質的な」ジュニアユース(中学年代)の下部組織があります。

成立高等学校 → 成立ゼブラジュニアユース

成立ゼブラは埼玉県北葛飾郡を拠点として2002年に設立されたチームで、2019年度は埼玉県1部リーグ所属となります。

國學院久我山高等学校 → ジェファFC U-15

國學院久我山の総監督である李済華(リ・ジェファ)氏が1993年に立ち上げたチームで、東京都葛飾区を拠点としています。
2018年度はT1リーグで4位フィニッシュ、2019年度もT1リーグ所属となります。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


サッカーランキング

コメント