東京ジュニアユースサッカー/高円宮杯全日本ユースU15選手権 東京予選・概要・解説

スポンサーリンク

東京ジュニアユース(中学年代)のもうひとつのトーナメント大会。

「高円宮杯全日本U15サッカー選手権大会」

J下部ジュニアユース、街クラブ、中体連サッカー部が参加する最大規模の大会である。

その東京予選は72チームが参加。

(前期TリーグU15において)

・T1所属の12チーム、

・T2所属の32チーム、

・T3所属の各ブロック上位2チーム×8の16チームと3位~5位のプレーオフを勝ち抜いた4チームで計20チーム

・中体連プレーオフで勝ち抜いた8チーム

この72チームによるトーナメント方式で、関東大会出場4チームを決定する仕組みだ。

第30回全日本ユースU15サッカー選手権関東大会に駒を進めたのは以下4チーム。

第1代表   暁星中

第2代表   FC府中

第3代表  STFC

第4代表  FCクリアージュ

STFCとFC府中は全日本クラブユース選手権に続いて東京代表となった。

関東大会は、関東リーグ(Tリーグの上位リーグ)1部の5位以下8チームと、2部所属の12チームがストレートイン。

東京代表4チームを含む各県代表28チームを含めた48チームで参戦。

全国大会に出場できるのは7枠。

関東リーグ1部上位4チームは全国大会へ直接参戦となるので残りは3枠。

関東大会において、東京ジュニアユースチームで最上位の成績を収めたのは、三菱養和巣鴨ジュニアユース。Cブロック準決勝まで駒を進めていた。

全国大会は2018年12月22日~28日に開催。

そしてジュニアユース世代の頂点に立ったのはFC東京U15深川であった。

ちなみに全国大会はJ下部ジュニアユースが軒並み名を連ねている。その中で青森山田中と宮崎の日章学園が中体連として出場。

この2チームは2018年の全国中学校サッカー大会において決勝を争った2チームであり、J下部と比べても実績は申し分ない。恐るべし2チーム。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


サッカーランキング

コメント