【UEFAチャンピオンズリーグ】レアルマドリード vs リヴァプール

2018.05.26

2017-18シーズンUEFAチャンピオンズリーグファイナル

レアルマドリード vs リヴァプール
(@NSKオリンピスキー/ウクライナ)

サッカーファンとしてはこの試合は絶対に外せない。
当然のごとく早く起きてテレビ観戦。

27:45キックオフ

リヴァプールはイスタンブールの奇跡以来、13年ぶりのビッグイヤーを目指し、一方でレアルは史上初の3連覇を目指す。

序盤は互角だか、CLらしく、そしてファイナルらしくスピード間ある展開。

しかし、、、プレミア得点王で大ブレイク中のサラーが、セルヒオラモスとの接触で肩を負傷。
一度はプレーを続けたが、残念ながら途中退場。
サラーに点を決めてもらってリヴァプールが戴冠、今年はサラーの年だったと言って欲しかった、、、

前半は0-0。

後半早々、キーパーがやっちゃいました。
スローがベンゼンの出した足に当たってコロコロとゴールへ。
たまにYouTubeでお笑いGKみたいの見るけど、CL決勝でそれやる?!って感じ。

でも今年のリヴァプールはサラー以外にも躍進の立役者はいる。マネだ。4分後にマネが押し込んであっさり同点に。

レアルはその後ベイルを投入。
これが見事当たった。
マルセロのクロスを完璧なバイシクルでゴールにぶち込んで勝ち越し。

80分は過ぎには、右サイドから切り込んだベイルが、無回転の弾丸ミドル。
これがキーパーの手を弾き3点目。

これで勝負あり。

レアルが2017-18シーズンのCLを制した。

クリロナは得点こそ決められなかったが、要所要所でその怖さを出していた。

結局今年も得点王を獲得(6年連続)、役者の違いを見せつけた格好。

最後にキャプテンのセルヒオラモスがビッグイヤーを掲げたが、やはりリヴァプールに掲げて欲しかったのが本音。

▪️レアルマドリード 3-1 リヴァプール

コメント