『Jリーグルーキーガイド2022』| ルーキーJリーガーの経歴・横顔が分かる!| 書評

2022年、新しくJリーガーになった選手は220人を超える。
その中でJ1、J2に加入する選手の横顔を紹介してくれるのがこのガイドブックだ。

Jリーガーになれるのはほんの一握り。
その一握りのチケットを勝ち取ったルーキー達にいつでもアクセスできるツールとして本棚に入れておくのも良いだろう。

スポンサーリンク

本書データ

タイトルJリーグルーキーガイド2022
著者エルゴラッソ
出版サンエイムック
発刊2022年4月1日

目次

  • 松木玖生「異次元のメンタリティー」
  • 中村仁郎「青黒の系譜」
  • 加藤拓己「不撓不屈」
  • J1ルーキーガイド
  • 1年目のブレイクスルー/J1編
  • 育成の今とこれから
  • 高体連の地殻変動
  • Jアカデミーの地殻変動
  • 大学サッカー界の地殻変動
  • 影山雅永JFAユース育成ダイレクターインタビュー
  • J2ルーキーガイド
  • 1年目のブレイクスルー/J2編
  • J3ルーキー注目株ガイド
  • どこよりも早い2023ルーキーガイド

書評 | レビュー

では、内容をレビューしていこう。

今年の新人Jリーガーの中での最も注目株は、青森山田高校出身の「松木玖生」である。

そう、高校サッカー界のキング

高校3年時に青森山田高校でキャプテンとして「インターハイ」「高円宮杯プレミアリーグEAST」「高校サッカー選手権」の3冠を成し遂げ、鳴り物入りでFC東京に加入した逸材である。

この「松木玖生」をルーキーガイドで扱わないはずがない。

もちろんこのルーキーガイドのトップページで特集されているので見逃せない。

この「松木玖生」について書かれたこのようなコラムは、育成年代ファンにはものすごく刺さるのではないだろうか。
かくいう僕も心の琴線に響くのである。

異次元のメンタリティー」と題されたコラムでは、「松木玖生」が強いメンタルを兼ね備えた背景が良く分かる。

この他にもコラムがある。

ガンバ大阪に加入する「中村仁郎」のルーツを探る「青黒の系譜」や山梨学院から早稲田大学を経て清水エスパルスに加入する「加藤拓己」の「不撓不屈」と題するものである。

特に「加藤拓己」は山梨学院時代から注目していた選手だけに、ケガを乗り越えプロに至る過程、決意がヒシヒシと伝わってくる内容だった。

是非、育成年代ファンは手に取って読んで欲しい。

高校サッカーからプロに直接加入する選手は注目度も大きいが、今は大卒でプロとなる人数の方が圧倒的に多い。

そういった意味では、高校時代に名を馳せながら高卒でプロ内定とならずに大学進学し、大卒でプロとなった選手を見つけるのも感慨深い。
というか嬉しい気持ちが勝る。

そして見つけた瞬間、高校サッカー選手権で活躍していたその選手が目に浮かぶのである。

コメント

error:このコンテンツのコピーは禁止されています。